2011年7月アーカイブ

倉吉へ

| コメント(0)

今年の夏は国際学会にもICASSIにも行かないので
特に夏休みもなくて
毎週同じローテーションでお仕事が回ります。

遠出をするには、
金曜日にカウンセリングのお仕事と弓のお稽古が入っているし
火曜の朝には戻っていないといけないし
かといって大阪の夏は殺人的に暑いし。

なので、週末を利用して行ける範囲内で
アドラー心理学修行(?)の旅に出ることにしました。

まず先週末は、倉吉へ!
ちょうどおひげのN先生のオープン・カウンセリングが企画されていたので
午後からの例会と合わせて、1日参加させていただきました。
通い慣れた山陰への高速バスで向かいます。

倉吉エンカレッジの会には、
自助グループの研究をしていた数年前に一度おじゃまして以来でしたが
そのときにお会いした方が覚えていてくださって
とても嬉しかったです(^^)

N先生のオープン・カウンセリングを地方で見学するのは
たぶん4回目です。
掴んだら決して逃がさない気迫がいつもながら見事で
このへんの迫力が私にはないんだなぁ~と思いながら見ていました。
シェアリングの時間もたっぷりとってあって、
じっくりとお勉強ができ、ありがたかったです。

おいしいお昼ご飯を食べて
例会もゆっくりくつろいだ雰囲気で・・・
以前にも感じたことですが、ここのみなさんは
アドラー心理学の思想の部分がとても深く根付いておられて
人への興味、人を援助しようという気持ちに、あふれておられるように感じます。

ああ、いいなあ。
私はどうも、事例をどんなふうに取り扱うか、
そのやり方の方へ意識が向きがちで
「その人」への人間的興味が、ちと足りないように思う・・・と反省。
他のグループに参加させていただくのは、大事ですね~(-_-;)


さてみなさんはその後、米子へ出られて何やらお楽しみがあるご様子。
私の方は、そちらにも魅力を感じますが
やっぱりもちろん、娘んちのこうすけくんがお目当てです(♪♪♪)
こうすけの誘惑には勝てず、電車で鳥取に戻りました。

P4180026.jpgこうすけは9ヶ月になり
お座り、はいはい、もう思いのままです。
最近はつかまり立ちをするようになり、
そろそろ目が離せません。

カーテンのかげのコンセントをさわるのは
いけないことだと知っているお顔です。。。

P4180025.jpg

P4180029.jpg片手で遊びながらバランスをとったりしますが
ときどき危ういこともあります。
私が行った頃は、立っちしたあと座れなくなって
どうしたらいいんだあ~っと
泣いてお母さんを呼ぶというパターンもありました(^o^)
いろんなことやりますねえ。

私が行くと娘も少しラクできるみたいだし
(掃除とかお皿洗いとか全部私がやりますから ^^;)
私もしあわせだし
ここを定宿にして、これからも倉吉を訪ねさせていただけたらいいなと思っています。
またどうぞよろしくお願いいたします!m(_ _)m

P4190034.jpg

弓道のお稽古

| コメント(4)

4月から始めた弓道のお稽古、
無事初級の10回を休まず通い終えまして、
7月からは中級教室に参加しています。
ちょうど40名だったのが、中級では26名に減りました。

われながら、よく続いております。
実は、いつも行く前は
雨だったり暑かったりで気が重くて
あ~めんどうだな~休んでしまおうかな~と心が弱るのです。
誰に強制されたわけでもないのだから、
そんなにイヤならやめてしまえばいいのに
のろのろと、しぶしぶと、足をひきずるようにして通っています。

それでも行ったら行ったで
行っている間はず~っと弓道に没頭しておりまして、
帰るときはいつも、疲れていても、すっきりさわやかなのです。

体の動きはまだまだ決まらないし、
手順をうっかり忘れてしまうこともありますが、
的前の座射、立射を繰り返し練習しています。
まだひとりで矢を放つことはできません(たぶん危ないから!)

kai.jpg1射1射、必ず先生がそばにつかれ、
姿勢を直したり
矢の向きを修正したりしてくださいます。

弓を構えたら
ゆっくりと打ち起こして余分な力を抜き
息を吐き、また息を吸って
胸の中心から左右に引き分けます。
そして自分でいいと感じるときに
弦を引いている右手を放して矢を発します。
びゅん!(^^)!

でも、ぽすっ、と的に当たる音を聞くのは、まだまだです。
なぜなら、28m先の的まで、めったに届かないので・・・(^^;)

生徒の数が減ったので、
限られた稽古時間内に射る矢の数も少し増えました。
それでもせいぜい6射です。
それ以外の時間は、他の人の射を見て
お手本にしたり、自分の姿勢を振り返ったりしています。

4人の先生方は早くから来ておられるので
私たちも早めに行けば、稽古前に指導していただくことが可能です。
できるだけ早く行って練習しようかな、と
あんなにしぶしぶ出てきたくせに、ついうっかり考えたりしています。

あー私は
いったい弓が好きなのかどうなのか
自分でもよくわかりません~

思い出すのは、やっぱりアドラー心理学を学んでまもなくの昔のことです。
金曜の夜の事例検討会に行く前は、
指導者の先生方に教えていただけることが、とってもありがたい反面、
いろいろとみっちり教わることが怖いような辛いような感じで。。。
今日はもう、さぼってしまおうかなぁと、つい気が弱り、
それでもやっぱり行き続けて、
たくさんのことを学ばせていただいたのでした。

その頃は、学びたい学びたいと思ってはいたけれど
学ぶことが、どちらかというと辛かったように思います。
それはたぶん、優越目標が、劣等感の補償だったからでしょう。

それが楽しいものに変わったのは、いつ頃からだったかしら?
基本前提がすべてに当てはまることに気がついて
文句なく「おもしろ~い!」と感じてうれしくなった時かしら。
いやむしろ、人前で失敗することを怖れなくなったとき、
人々は仲間だとわかってきた頃かしら。

今の弓もきっと同じですね。
およそ体であれ考え方であれ、「型」のあるお稽古ごとは
失敗もするし人に迷惑もかけるし
先生方には注意されっぱなしだし、
それが価値の梯子に抵触すると苦しいものになるのでしょう。

でも失敗を繰り返して恥をかき、
きっちりと先生に教わることなくして、
「型」を身につけることはできません。

私は、できればラクして身につけたいと思っているものだから、
嫌気がさしたり面倒くさくなったりするんだな~(^_^;)
きっと!

武道は、自分のライフスタイルを見つめる
よいお稽古になっています。
さて秋まで、あと10回こうやって続けていくならば
少しは成長できますかどうですか。

azuchi.jpg.jpeg

夏支度

| コメント(2)

cactus2011.jpg

暑くなるであろうこと必定のこの夏。
少しでも快適に過ごすため、あれこれ工夫しています。

ダイニングの窓がうちは東に向いているので
朝日がさんさん!と当たります。
冬はたいへんありがたいけれど、
この夏はこれをなんとかしなくては死んでしまう!
と対策を考えました。

ゴーヤのカーテンが魅力的だな~と思ったのですが
マンション高層階のわが家のベランダ、
もしも強風で支柱が飛んだりしたら・・・と考えると
ちょっと踏み切れません。

それで戸外の緑のカーテンはあきらめて
戸内のカーテンを取り替えることにしました。
遮光率99.9%のカーテンです。

遮光カーテンを引くと、朝日はまったく入ってきません。
床上1cmほどのすき間からのぞく強烈な光線を見ると、
どれほどの熱を去年は入れてたんだろう~とおそろしくなってしまいます。
朝の間ずっとカーテンを引いていると
だんだん家の中の熱がとれてきて、
午後からもしのぎやすくなったように思います。
まずは成功(^o^)v

お次は冷房です。
少しでも電気使用量を減らして暮らしたいですが
扇風機だけでは、やっぱり暑くて消耗してしまいます~。

「除湿」の方が電気を使わないかも?と思って調べてみたら、
うちのエアコンは再熱方式とかで、かえって「除湿」で電気を使うようです。
「冷房」にして、設定温度を上げて使うのが、
最も節電になることが分かりました。

もともと、わりと設定温度高めで過ごしていましたが、
がーっと冷やして、ちょっと冷えすぎたら切って、また暑くなったらつけて、と
電気エネルギーも、自分のエネルギーも、無駄に使ってきたようです。
うーん、こんなことするから風邪を引くのかもしれません。。。

電源をつけたり消したりするよりも、
少し高めに設定してつけっぱなしで、
OnOff はサーモスタットにお任せし
食事のときなど暑くなれば、扇風機を併用するのがよさそうです。

さて世間では「冷房は28℃設定」とか聞きますが
冷え性の私は、28℃?そりゃ寒すぎるでしょう、という感じで
1℃ずつ、温度を上げて体の感じを確かめていきました。

そうしたら
なんと、私が最も快適に感じる温度は、32℃でした~(*_*)
これで充分!
これだって外気よりずっと涼しいのですから~
(どんだけ暑いねん!大阪)

まあ、ひとりで暮らしているからでしょう。
子どもがいたら、この温度設定ではブーイングが出ると思いますが
ひとりなら、わりと大胆な装いで(笑)一日中過ごすことができますしね。

しかし、冷房で32℃設定ができるということ自体に
ちょっと驚いてしまいます・・・
ちなみに娘の家のエアコンは、冷房は30℃までしか設定できないみたいです。

夜寝るときは
扇風機を少し遠くに置いて、
できるだけ首を上に向けてリズム風で廻すのが
風がやわらかく届いて、快適だと分かりました。
去年までは、あづいあづい~と、
ベッドのそばまで持ってきて廻していたのですが
扇風機に近い側の腕が冷えて、かえってよくなかったです。


さて、32℃設定は植物にも快適なのでしょうか、
観葉植物たちが今年はとても元気です。

サンスベリアもわき芽がた~くさん伸びてきたし、
ポトスたちも繁茂しています。
どちらも、そもそも6年余り前に引っ越した先で、
家主の方がお部屋に飾っておられた植物をそのままもらい受け
植え替えたり鉢を大きくしたりして、育ててきたものです。

potos1.jpg小さな食器棚の上に置いたポトスくんは、
あまりに繁ったので、
引き出しの開け閉めが面倒になってきました。
そばに置いているコーヒーメーカーを使うときも、
熱でやられないかと気になります。
おまけに、壁紙のちょっとした凹凸に、
今年は根を張ろうとがんばっているようです。

いっそのこと、思い切り根を張ってもらおうかと
透明の押しピンを仕切り壁(引き戸)に刺して
伸びすぎた蔓をひっかけてあげました。

どんなふうに伸びていくかなぁ。
どうせここ3年、閉めたことのない引き戸だし
食器棚の引き出しを開閉不能にされるよりは、いいです。
葉っぱの向きがみなばらばらだけど
2,3日したら、また光の方に向きがそろうでしょう。

potos2.jpgついでに、寝室の
高いところにいるポトスくんも
壁に這えるように
押しピンにひっかけてあげました。
この子は、下に置いている写真立ての裏に
根を張ってしまっていました。
根をはがすのはかわいそうだったけど・・・


当分引っ越しの予定はないので、
何年か経ったら
うちの中が緑のカーテンになっているかもです
(^_^)v

このアーカイブについて

このページには、2011年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年6月です。

次のアーカイブは2011年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。